断食ダイエットについて

はじめに

このサイトは、断食ダイエットというサイトですが、ダイエットの話の前にその前提になる断食についてみてみたいと思います。

断食はもともと死を意識しての断食とかハンガーストライキのように何かに抗議するためのものとか宗教上の修行・鍛錬といったもののために昔からあったものです。

そして、もうひとつ健康のために行う断食というのもあり、このサイトでは主にこの健康を維持するために行う断食そしてダイエットについて自分の体験をもとに書いています。

断食はからだや心を正常にしてくれる本来の目的があるわけで、断食ダイエットは、断食を実践することによって得られる副産物の1つというふうに私は考えて自分でも実践しています。

私も15年ほど前までは標準体重よりも10キロ以上もオーバーしていて、腰痛、高血圧、高脂血症をはじめいろいろなからだのトラブルがありました。

しかし、この断食により減量に成功してからは、少なくとも年に2回くらいの割りで起きていた「ぎっくり腰」は影を潜めましたし、とにかく「かぜ」をひかなくなりました。病気が全くなくなったわけではありませんが、からだはかなり楽になりました。

当たり前ですよね。何十年も毎日10キロの荷物をかついで仕事をしていたわけですからね。想像しただけでもゾッとします。

断食の実践は、座禅断食と言って、野口法蔵さんという僧侶の方が日本で始められた断食方法で、従来の断食と比べて非常に期間も短く、予後の食事なんかも全然違い画期的方法の断食法です。

各県単位くらいに支部が結成されているようで、そこで教えてもらうのが一番よい方法だと思います。断食はとにかく一定期間食物を断つわけですので危険も伴っています。最初は必ず専門道場に行き指導してもらうのがよいと思います。

この座禅断食は簡単に言うと、宿便をとり健康な身体つくりを目指すことが主眼ですが、断食効果としては身体の健康ばかりでなく、心の健康にもよいという画期的なものだと思います。

私の場合は、断食によるダイエット効果のためやっている部分が多いですが、こちらの方の効果は顕著で満足できるものです。これから、体験をもとに書き進めていきたいと思っておりますが、これはあくまでも私自身の体験から記しているものです。

私自身は専門家ではありませんので、くれぐれも実践にあたっては自己責任のもとでお願いします。

まずこちらから御覧ください。

座禅断食について

断食の効用について

断食の実践方法について

半日断食とは

宿便とは

少食の効用

断食実践ブログ