ヨーグルトの腸内環境を整える効果は本当はどうなのか

つい最近までは、ヨーグルトには腸内環境を整える乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれており、腸を元気にしてくれるため発酵食品がオススメで、さらに便の排出を促す食物繊維を併せてとればバッチリ健康を維持できるとされていました。

ところが、昨年NHKで思い切った放送があり、覚えている方もいらっしゃると思います。ヨーグルトの菌は「通過菌」と呼ばれ、お腹の中には住み着くことはできず、いずれおなかの中から出ていく菌だというんです。

ヨーグルトの菌は、もともとおなかの中にいる「常在菌」とは違う性質・働きがあり、腸の中を通過するとき、良い物質を出して常在菌を助けてくれます。だから、ヨーグルトは食べ続けることが大切なんだとか。

なんかよくわからないはなしですが、体に良い“善玉菌”を増やすには、常在菌を増やしてあげることがポイント。その方法は、ずばり「水溶性食物繊維」を摂取すること!実は水溶性食物繊維は、特定の善玉菌のエサになってくれていたんです。

そこで、番組でご紹介した、水溶性食物繊維をとるコツを2つ紹介していたんですね。

➀お味噌汁を具だくさんに(水溶性食物繊維を多く含む食材を加えて)
②ヨーグルト+フルーツ

一度にたくさんとるよりも、毎日の習慣として、おなかの中の菌にエサをあげるように食物繊維をとることがオススメなんだそうです。

ちなみに、水溶性食物繊維を多く含む食品としては、ヒジキ、ワカメ、納豆、大麦ごはん、サツマイモ、キノコ類なんだそうです。

これだと結構毎日食べている方は多いでしょうね。特別な食材ではないのでそんなに特別意識しなくても大丈夫みたいですね。

自分にもともと住んでいる善玉菌を守り、育てる事こそが “腸の健康法”だということがわかりましたが、食事のほかにも自分の腸内にいる乳酸菌を育てることをサポートしているサプリメントがあります。

そこで今、話題になっているのが『 乳酸菌発酵エキス 』というものです。『 乳酸菌発酵エキス 』は、食事などからは摂取が出来ない成分で、基本的には「善玉菌が腸内」だけで作り出す貴重な成分なんです。

是非試してみたいという方は、下記からどうぞ。