断食ダイエットの実践方法について【自主断食】(3)

断食は無事に終了しました。3日間の本断食でしたがつらい時間帯もあったかと思います。でも無事に明けることができました。断食はこれでおしまいではありません。断食が終わったからといって、あとは何を食べてもいいってことではないのです。

これからがまた一つの山になります。今回は断食明けの1週間の食事方法を解説していきます。この予後の1周間の過ごし方が断食の成否を左右すると言っても過言でないほど重要な事柄ですからじっくりご覧頂きたいと思います。

座禅断食では、この1週間を自己管理のもとに定められた食事を厳格に守るよう指導しています。でないと、効果は半減してしまいますし、体調を崩したりして、時には苦しんだりすることがあるからです。

断食で重要なのは、断食中だけではなく、むしろ、断食が終わった後の1週間が非常に大切になります。断食あけで腸が非常に敏感になっているため決められた食事以外は摂らないようにしなくてはなりません。

 

少し脅かしましたが、そう構えることはありません。決められたメニューにしたがって食事をし、小食にするようにすればそれでいいのです。

私の体験から言えることは、この1週間小食を続けることで胃が元の状態にもどり、過食を防ぐことができるようになるのではないかと感じています。ですのでこの期間はぜひ少食を心がけて頂きたいと思います。

断食明けは、少量であればなにを食べてもいいというわけではありません。腸が敏感になっていますので、刺激の強い食べ物や油物は避ける必要があります。

以下に、断食明けの食事のメニューとその注意点をまとめてみました。

①断食明け最初の3日間のメニューは、野菜、果物、そば、パン、ソーメンなどを食べるようにして、油もの、炭酸飲料、香辛料、ごはん、豆、イモ類は避けましょう。

②続いての4日間の食事は普通食でOKですが、酒、煙草、肉類は避けましょう。

③注意点としては、1日2食以下の小食にすること、性欲は控えること、朝食は抜くこと、できるだけ乳製品や甘いものは避けることということになります。

以上のようになります。

私の場合のあるときの食事の様子を記した文章がありましたので紹介しておきます。

【やっと4日目になりました。今日から普通食に戻してもいいのだが、もう少し制限しようと思って、朝食は抜き、昼食は食パン1枚にバターはだめだから、イチゴジャムにして、それに果物と飲み物はジュースにしています。

夕食はソバかうどんにしています。ネギかたまねぎをいれ、トーフを入れたおつゆで食べています。汁はこんぶだしを使っています。そのほか果物をいただいています。

うう~ん いつもより少なめになるので、満腹感はないね。これでいいのかもね。腹八分目とはこんな状態かもしれないと思ったりしています。

お酒も毎日たしなんでいましたが、覚悟を決めているせいか全然気にならないし、切なくもない、不思議なもんだと思う。そうかといって1週間がすぎて禁酒できるかというとできないんだろうと思う。

断食明けの1週間の節制。これは目標があるからやれるんだと思う。今までの経験からゆくと、この間で小食習慣を身に着けてしまうことが、ダイエットには極めて大事なことなんじゃないかなと思う。

もう少しで予後の1週間も終了します。がんばりま~す。 】

こんな感じの文章が残ってました。無事に断食明け1週間の苦行が終わることになりますが、むしろ、この1週間の方が本断食中の3日間よりも苦しいかもしれませんね。

さあ体重計に乗ってみてください。驚くような数字になっているかと思います。

その後普通食に戻ってもそんなにいっぱい食べられないようになります。このことによりリバウンドしないのではないかと自分は思っています。

だけど、お友達との食事会や宴会なんかがあると、おいしいものがあればついつい食べてしまいますよね。これが人間の常。そのときはあまり遠慮しないでわたしは食べてます。

ポイントをおさえておけば、多少のズレはあっても元通りに戻ります。

皆様のダイエット成功をお祈りしています。

断食ダイエットの実践方法について【自主断食】(1)

断食ダイエットの実践方法について【自主断食】(2)

断食ダイエットを実践した後の食生活と運動は?