断食をやるには準備と覚悟が必要です

断食とは食を断つことですが、よく知られていることに、断食は宗教的な意味合いでやられているということがあります。


現にイスラム教では、よく新聞にも出ていますが、ラダマンという期間が定められて、その期間は断食することになっています。


宗教行事として断食を行っているのはイスラム教だけではなく、キリスト教、仏教、ユダヤ教でも見られます。

 


食事を絶つことにより感覚を鋭敏なものにし、精神を研ぎ澄ますのがその目的と思われます。


またハンガーストライキなどの抗議手段として使われることもあります。本来人間に絶対に欠かせない食事を絶つことで決意を表明するという意味のようです。


断食はこのように宗教やストライキのためだけではなく、いまや科学的に明らかになっているように人間の身体や心の領域にまで非常によい影響を与えるものになっています。


人間は朝昼晩の食事によって栄養素を体に取り込んでいまが、断食により、今度は体の中からエネルギーを取り出すようになります。


したがって、断食は体への負担も大きなものがあります。長期にわたる本格的な断食の実践にあたっては、専門家のいる道場で指導を受けながらやることが大切になります。

 


このサイトでいう断食とは、比較的長期にわたる本断食を基本に述べていこうと思っています。ダイエットばかりではなく、断食による有効な効果を得るためには、本断食といって最低でも3日間の断食が必要になります。


ここでは3日間の本断食を基本にして、さらに応用編として週末を利用した1日断食、朝食を抜く半日断食などの方法についても述べていきたいと思います。


目的とか体調に合わせてやり方を工夫すればいいと思います。


また、断食後はその反動で食べ過ぎるのはないかと思っている人も多いと思いますが、きちんとルールを守り実践すればそういうことはありません。むしろこれを機会に小食習慣が身につくと思います。


断食は、たとえ半日でも1日でも、毎日食べていた食を断つわけですので、それなりの準備と覚悟が必要になります。


ぜひ挑戦してみてください。