座禅断食について

座禅断食の概要について述べてみたいと思います。

座禅断食は、その名のとおり座禅がセットになっているもので、通常は断食道場で専門家のもとで行うことになります。2泊3日のコースになっていて、この間は断食、すなわち水分以外は口に入れないということになります。

 

座禅はこの3日間の間に1回20分の座禅を休憩を挟んで15、6回することになります。

 

費用の方は、私もあちこちの道場にいってみましたが、道場によりお値段が若干違っていて、2万円から3万円といったところが多かったように思います。

 

断食にはダイエット目的というより、何らかの病気を克服したいという人の方が多く、いつかはがんにかかっている女性と一緒だったこともあるし、心の病で体調を崩している人と一緒のこともありました。

 

まあ、それだけ効果が期待できるというものですが、説明では心の病をはじめ糖尿病、高血圧、リュウマチ、アトピー、花粉症などいろいろな病気にも効果があるということになっています。

 

断食は食を断つわけですから、ダイエットにはなんとなく効果がありそうだということは理解できますが、心身症、躁うつ病、自律神経失調症など、またそれより重度の精神分裂症の治癒例もあるらしい。これにはびっくりです。

 

ですからダイエットについては、座禅断食によっていろいろ起こる効果のひとつとであると考える方が正確な表現かもしれません。ことダイエットに関しては私が体験済みですのでその効果は期待できるといえます。

 

断食道場に行くと20分の座禅を何回となくやることになるし、読経もある。座禅をすることにより、断食体験がスムーズにうまく行くのだという。この辺がいまひとつ素人の我々には良くわからないところですが、座禅とか瞑想というのは決して悪いことではないのでそれなりの効果があるものと思います。

 

座禅断食のやり方や計り知れない効用などについては、これから具体的に記していきたいと思います。

 

こちらもどうぞ御覧ください。

 断食とは一体どんなものなんでしょうか

 座禅断食の実践について